建築情報

【マイホームの購入を検討中の方必見】戸建てとマンションどちらが良いの?

自分の家が欲しいけど、マンションの方が良いのか、戸建てを買った方が良いのか、、、とても迷いますよね。

そこで今回は双方のメリットとデメリット、購入前の注意事項についてまとめてみました。自分にあった家を選んでいきましょう。

戸建ての方が、色々自由だし、庭でも遊べるから、、、

新しく家を買うなら絶対戸建てでしょ、好きな間取りとかも選べるし駐車場も無料で使えるし、、、

戸建てのメリットはどのようなものがあるのでしょうか

(1)間取りや、好きな設備機器を選ぶことができる

(2)近所への騒音をあまり気にしなくて良い

(3)庭や車庫を持つ事ができる

逆にデメリットは、

(1)都心など地価が高い一等地では金額が高すぎる

(2)再販時の価値が落ちやすい

(3)家の修理や管理が自費

マンションの方が、後々他の人に賃貸として貸せば家賃収入が入るし、、、

マンションのメリットはどのようなものがあるのでしょうか

(1)都心や、便利な場所でも購入可能

(2)近所付き合いが最低限で良い

(3)セキュリティがしっかりしていて、修繕もオーナー負担

逆にデメリットは

(1)固定資産税が高め

(2)騒音トラブルの可能性

(3)賃貸として貸し出す場合、空室リスクがある

不動産を購入する際のチェックポイント

不動産を購入する際は、下記の3つの価値について確認してみましょう

(1)使用価値

想像してみてください、、、あなたが購入しようとしている不動産に住んだ時の満足感はどうですか?早く家に帰りたいと思えますか?居心地がよければ使用価値が高いと言えます。

マンションなのか戸建てか、新築か中古物件の方が良いのか、人それぞれ満足感が異なります。

この項目が1番重視する箇所です。

(2)希少価値

購入する物件は、駅から近いですか?周りに学校や病院までの距離はどうですか?スーパーやコンビニはありますか?これらの条件が当てはまる物件は希少価値が高いと言えます。

(3)市場価値

購入する物件は、周りの人から買いたい、住んでみたいと思われる物件でしょうか。買い手があまりいなければそれだけ市場価値は低くなります。

不動産会社、設計事務所と契約する時は注意して‼︎

〜不動産会社との契約

重要事項説明会の日程と契約締結日は別日にすること

重要事項目は、家でじっくり見直して変な契約になってないか確認しましょう。

<売買契約の際の手付金は最低限で大丈夫です

法律では、上限が契約金額の2割と決められていますが、最低限度額は定められていません。

〜注文住宅の契約

キッチンなどの設備機器や間取りも決まり、じゃあ工事お願いします、と言う事で工事請負契約を締結します。しかし、何らかの不都合で契約を解除したいとなった場合には

手付金の放棄+損害賠償が発生します。工事前でも、設計図面の作図費用が発生しているので注意してください。

工事契約は、設計図と設備の仕様が決まってからでOKです

※たまに契約が欲しいからと仮の設計図面で契約を迫るケースがあるので注意してください。

〜設計事務所との契約

住宅をデザイン、設計してもらう時は、設計事務所との設計委託契約になります。しかし、設計士さんが図面を描いて、いざ工事の見積もりを確認するととんでもない金額になる事があります。

その為、契約をする前に、解約時の金額が発生するのか確認してください。

最後に

ここまで、それぞれマンションと戸建てのメリット、デメリットと不動産購入時の注意点についてお伝えしてきました。実際に購入する際は、自身で調べてみる事をおすすめします。

自分が納得をしてマイホームを購入しましょう。

この記事がその一歩になれば嬉しいです。ありがとうございました。

こちらの記事もオススメ