お役立ち情報

【注意!!】404 NOT FOUNDと表示された時の対処と予防法

お疲れ様です!あくびです!

ブログに慣れて、記事を書き始めていたある日、このような文字が出てきたことはありませんか?

” Not Found”

つい最近、僕も WordPressサイトにアクセスした所、このような表示が出てきました、、、

今回は、このような症状に遭遇した時の対処法と予防策を共有させて頂きます

【重要】まずは落ち着きましょう

実際に表示されると焦りますよね、、、

僕は、ネットで調べて情報を漁りまくってました

FTPファイルに◯◯のコードを入力すれば大丈夫!

プラグインを無効化すると治るかも?

上記のように、片っ端から書いてあることをひたすら実行していきましたが、

僕の場合、全くなおりませんでした

あくび

管理画面だけでなく、サイト自体も表示されなくなりました、、、

404 Not Foundが表示される原因って?

サイト内を確認して頂いたところ、下記のような問題点が見つかりました

✔︎プラグイン、WordPress本体の更新が出来ていなかった

✔︎WordPressサイトにログインをしたままスリープモードにしていた(二重ログイン)

あくび

記事を書くことに集中しすぎて、サイト本体の管理がおろそかになっていました、、、



ひどくなる前に復旧依頼を検討してください

僕は最終的に、WordPress救急隊 に復旧依頼をしました

プログラミングやWordPressのコード書き換えに慣れていない方が操作すると、

サイト自体がひどくなり、復旧する際に多くの手間が必要になります

早めに専門業者への復旧依頼をしてください

あくび

こちらがWordPress救急隊の主なトラブルの内容、料金内訳になります

トラブル内容料金
管理画面にログインできない15,000円~
サイトが真っ白になってしまった10,000円~
サイトの上部に意味不明な英文が表示されている10,000円~
お問い合わせ等のフォームの導入13,000円~
バックアップデータからのサイトの復元20,000円~

復旧依頼に必要になるもの

作業を依頼する際に、下記の2点が必要になるので、事前に準備してください

あくび

僕は、ConoHa WINGさんのレンタルサーバーを使用しています



作業依頼〜支払いの流れはこちら

下記、作業依頼後の流れをまとめました

①復旧依頼メール送信

②WordPressとサーバーのログイン情報を伝える

③完了報告のメールを待つ 

④復旧後のサイト確認

⑤料金の支払い(銀行振り込み)

今回の復旧業者さんとのやりとりは、全てメールで行い、依頼〜復旧作業まで当日中に終わらせて頂きました

【重要】複数社の見積もりを依頼してください

WordPressサイトの修復業者はたくさんあり、どの企業に依頼をすれば良いのか迷ってしまいます、、、

なるべく複数の企業に見積もりを取り、費用を比較することをオススメします

1つの企業に絞ると、費用の比較が出来ず、相場より高い金額を支払う可能性があります

【WordPress救急隊】と【WordPress Doctor】との比較

僕は、下記の2社に見積もりを依頼しました

あくび

料金は見積もり時の内容です

WordPress救急隊WordPress Doctor
料金(税込)22,000円※33,000円※
メールの返信の速さ
作業スピード当日中
支払うタイミング成果報酬型あと払い成果報酬型あと払い

予防法はこの2つ

予防法はこの2点です

✔︎WordPress管理画面を開いたまま、パソコンをスリープモードにして放置しないこと

✔︎プラグイン、WordPressの更新はこまめに行うこと

さいごに

今回は、WordPressの復旧と予防方法について情報共有をさせて頂きました

上記の通り、とにかくお金がかかります、、、

あくび

高い勉強代でした、、、

記事を書くことも大切ですが、サイト内の管理も重要です

ブログの更新に集中できるよう、保守プランも検討してみてはいかがでしょうか?



最後まで読んでいただき、ありがとうございました

こちらの記事もオススメ
お役立ち情報

【初心者向け】読みやすい文章の書き方

2020年12月6日
施工管理×ゲーム配信で人生を豊かに生きる
僕も含め初めてブログを書き始めたばかりの方は、文書を書いた経験が少なく、表現の仕方もわからない人が多いと思います。今回はその悩みを少しでも解決できる方法をお伝えします。 本 …