ゲーム配信

【PS4やSwitchでゲーム配信】macbookを使ったstreamlabs OBSの設定方法まとめ

MacBookを活用してSwitchやPS4のゲームを配信しているあくびです

今回は、Macbookでのstreamlabs OBSの設定方法についてご紹介していきたいと思います!

あくび

MacBookは、Windowsと比べると少し設定が複雑ですが、誰でも簡単に出来ます!

【MacBook】ゲーム配信の情報が少なすぎる、、、

僕自身、MacBookしか持っておらず、なんとかゲームを配信できないか試行錯誤を繰り返しておりました

インターネットで調べてもMacを使ったゲーム配信の情報はまだまだ少ないのが現状です、、、

ですが、これからお伝えする方法で誰でも簡単にMacからPS4やswitchのゲームを配信することができます!

【注意】ゲーム画面をMacBookに映す為には?

PS4やSwitchのゲームをMacBookに映して配信するためには、

キャプチャーボードと配信用ソフト(OBSなど)、ミキサーソフト(Ladio Cast)のが必須になります

その他、必要な機材は、下記にて記載しておりますので、ぜひチェックしてみてください

【PS4やSwitchでも簡単】macbookからゲーム配信をする際に必要なもの5選M1チップ搭載の最新Macbookを使用して、PS4やSwitchからゲーム配信をする際に必要なものを解説していきます...

【基本編】ゲーム画面をstreamlabs OBSに映し出す方法

キャプチャーボードとOBSソフトの接続が正常だと、このように画面が表示されます

ゲーム画面を映し出す手順

①「シーン」を追加する

②「ソースの追加」→「ビデオキャプチャーのデバイス」でキャプチャーボードを選択する

③明るさの調整

①「シーン」を追加する

まずはじめに、ゲーム配信を映すための大枠「シーン」を作成します

あくび

PS4○○などそれぞれのシーンにゲーム名をつけておくと区別できるので、オススメです

ゲームごとに映像の明るさが変わるので、名前をつけて「シーン」を分けることをおすすめします

特にホラーゲームは、画面が暗くなるので、いつもの明るさだと視聴者が見にくく感じてしまいます

②「ソースを追加」→「ビデオキャプチャーデバイス」を選択

「ビデオキャプチャー」→「デバイス」をクリックします

詳細設定のところに、使用しているキャプチャーボード名が出てくるのでそちらを選択してください

あくび

表示されない場合は、streamlabsアプリを一度落として、再度立ち上げてください

【PS4やSwitchでゲーム配信】M1 Mac対応のおすすめキャプチャーボードはこちらM1チップ搭載のMacBookを使用して、PS4やSwitchのゲーム配信を考えている方におすすめのキャプチャーボードをご紹介いたします...

③明るさの調整

「ビデオキャプチャー」項目にカーソールを合わせて

右クリック→「フィルター」を選択することで好みの明るさを選択できます

ホラーゲームの場合は、ゲーム画面が少し暗いので、「ガンマ」を0.2〜03の間に変更してください

あくび

コントラストや、不透明度の項目は基本的に触らなくて大丈夫です

【基本編】ゲーム音を配信にのせる方法

ゲーム音をのせる方法

①「ソースを追加」→「オーディオ出力のキャプチャー」を選択する

②デバイスは「既定」のままでOK

①「ソースを追加」→「オーディオ出力のキャプチャー」を選択

オーディオ出力とは、ゲーム音を出すという意味で、配信に音をのせることが出来ます

②デバイスは、「既定」のままでOK

特にいじる必要もなく、既定のままで大丈夫です

これで、配信中は視聴者にゲーム音が聞こえる状態になります

しかし、このままだと自分に音が聞こえない場合がありますので、下記のアプリをダウンロードしてください

【注意】ゲーム音が聞こえない?

先ほども記載しましたが、MacBookはゲーム音をうまく変換できないので、別ソフトを入れる必要があります

僕が使用しているのは、「LadioCast」というソフトで、無料でダウンロードできます

■ダウンロードはこちら【Ladio Cast】

Ladio Castの設定方法

①「LadioCast」をひらく

②「入力1」を自分のキャプチャーボードに設定する

③「出力メイン」を自分が使用しているヘッドセット、イヤホンに設定する

このように設定することで、ゲーム音が流れると緑色のゲージが表示されて自分に聞こえるようになります

あくび

上記の設定にしても反応しない場合、

N/Aに戻してから再度選択すると聞こえるようになります

【基本編】自分の声を配信にのせる方法

自分の声を配信にのせる方法

①「ソース」→「オーディオ入力のキャプチャー」を選択する

②「デバイス」→マイク(外部マイク)を選択する

mixerのところにゲージがあるので、自分自身のマイクの音量を調整しながら設定する必要があります

あくび

個人的には緑〜黄色の間がベストだと思います

【応用編】ゲーム配信にBGMをのせる方法

配信中に席を外すとき、待機画面などで無音だと視聴者が退屈に感じてしまうかもしれません

そのような場合には、BGMを流しておしゃれに表現するテクニックもおすすめです

ゲーム配信にBGMをのせる方法

①「ソース」→「メディアソース」を選択する

②「参照ボタン」を押して、流したい音楽ファイル(MP3など)を選択する

③リピート項目に✔︎を入れる

②「ローカルファイル」→「参照ボタン」で流したい音楽ファイルを選択

著作権などの問題もあるので、フリー素材かどうか、使用する音源に注意してください

あくび

YouTubeなどでもフリー素材を簡単にダウンロード出来ます

③リピート項目に✔︎を入れる

このチェックを忘れてしまうと、配信中に一度だけしか再生されません

配信中に何度も再生されるように、こちらの項目は忘れずに確認してください

あくび

その他は特に設定は必要なく、デフォルトのままで大丈夫です

【注意】ゲームプレイ中は消音ボタンを忘れずに押すこと

僕もやりがちなのが、待機画面などでBGMを流していて、そのままゲームをプレイしてしまうことがあります

これだとゲーム音とBGMの両方が配信にのることになるので、視聴者からしたら最悪です、、、

BGMをのせる際の注意点

①ゲームプレイ中は、「ミュートボタン」を忘れずに押すこと

②音量に注意すること

①ゲームプレイ中は、「ミュートボタン」を忘れずに押すこと

streamlabs OBSの画面右側の「mixer」箇所の「スピーカー」をクリックすることでミュート設定が出来ます

②音量に注意すること

こちらも、マイクと同様に、緑〜黄色の間の音量がおすすめです

あくび

僕自身も、BGMを切り忘れることが多いので、

ゲーム配信に慣れてから活用することをおすすめします

さいごに

今回は、macbookを使ったstreamlabs OBSの設定方法をお伝えしてきました

MacBookは、ゲーム配信には向いていないと言われておりますが、そんなことはありません

上記の方法で、誰でも簡単にゲーム配信を始めることができます

他、不明点などありましたらお気軽にご連絡ください!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました

<初心者の方必見>ゲーム配信におすすめのゲームと視聴者を増やす方法ゲーム配信初心者に向けて、おすすめのゲームと視聴者を増やすための方法を記載しております。収益化におすすめの配信サイトの情報もありますので、ぜひ参考にしてください...
こちらの記事もオススメ