お役立ち情報

【初心者向け】読みやすい文章の書き方

僕も含め初めてブログを書き始めたばかりの方は、文書を書いた経験が少なく、表現の仕方もわからない人が多いと思います。今回はその悩みを少しでも解決できる方法をお伝えします。

価格:1,430円
(2020/12/29 11:53時点)

良い文章とは、最後まで完読されるもの

文章をラーメンとして考えてみてください。完食できない商品はどのような状態ですか?

・味が濃すぎる、薄すぎる

・量が多い

・麺がのびている

文章の中にも主張が強い、内容がうすい、一文が長すぎるなど完読されない要素がたくさんあります。

書き始めは、目的地と経路を決めてから

(1)何を、どんな人に伝えたいのか、テーマを決める

テーマのない文章は目的地も決めずに、あてのない旅をするようなものです。

(2)何を、どれから、どれくらい書くのかを決める

その目的地に向かって、どのような経路で進むのかも重要なポイントです。

目的地=テーマ、タイトル

経路=誰に、何を、どれから、どれくらい書くのか

どう書いていけばいの?

(1)話題のリストアップを行う

テーマに含まれそうな話題を箇条書きにしていきます。順番は気にせず、思いつくままに書いていきましょう。

(2)話題を集めて、5W1Hに沿って揃える

足りないものがあったら、調べて整理しましょう。

5W1H=誰が、何を、いつ、どこに、なぜ、どうやって

(3)テーマをもとに、見出しの順番を決める

テーマによって結論を先にするのか、後に伝えるのかで文章の読みやすさや魅力も変わります。

(4)情報をランク付けする

まとめた見出しを下記の3点に沿ってランク付けします。

A 特にアピールしたい、伝えたい事

B 記事の基本情報

C 豆知識として捉えて欲しい

(5)3で決めた内容の順で新しい紙に書き直す

必ず新しい紙に清書してください。書き出すことで頭のなかを整理できます。

(6)ブログを書き始める

ランク付けした資料をもとに情報を付け足します。アピールしたい箇所には、より読者に伝わる表現方法で書くことが大切です。

初心者が特に気をつけるポイント

<文章をつなげる言葉は最低2連にすること>

おばさん三女会社社長は有名人です

この文章は読者からすると、どの社長が有名人なのかわかりません。

私のおばさんの三女が勤めている会社の社長は有名人です

別の言葉で言い換えると、有名人が誰なのかがわかりやすくなります。

<ひらがなと漢字のバランス>

文字が漢字でびっしりだと本文が黒っぽくなり、読者側は複雑な文章だと感じます。ひらがなばかりだと白く、すこし間抜けな印象になります。

<脱線する文章は、いざという時だけ>

ちなみに、、余談ですが、、と本文と関係ない話は読者が混乱する為、使いすぎに注意しましょう。

<自分でわからない内容は記事に書かない事>

絶対条件です。なんとなくで書かずに、必ず検索して概要を理解してから文章にしましょう。

<情報全てを記事にしない事>

全ての情報を記事に盛り込むと一文が長くなります。自分が決めたテーマの中で、必要な情報なのか考えてから書き始めましょう。

書けなくなったら放置して、次の見出しを書き始める

文章は最後まで書き終えることが大切です。完成度が低くても書き通すようにしましょう。修正は後からでもできます。

ぼんやり書く→修正→気付いてうまくなる、の繰り返し

さいごに

今回のポイントは下記3点です。

・文章を書く前に、テーマと誰に向けて記事を書くのかを決める

・話題を箇条書きで書き出す

・話題のランク付けをする

本記事では、記事を書く事に慣れていない方向けに文章の書き方のコツを紹介してきました。

良い文章を書くためには、ひたすら書くことが大切です。

ブログは自分の言葉で思いや考えを伝えることができる最高の場です。これからも記事をたくさん書いて文章力を高めていきましょう。

参考になれば嬉しいです。ありがとうございました。

こちらの記事もオススメ